アベノミクス時代を生きる

未だにもてはやされているアベノミクス。 日本国民はここまでふぬけにされてしまったのかと憂いを感じる。

もてはやしてなどいないという人がほとんどであろう。 何が良いのかはわからない。でも反対もしない。

それこそが、もてはやしているということだと思う。

泥棒や詐欺師を非難せずに普通に扱うこと、それはその泥棒や詐欺師の罪を罪だと思っていないということ。アベノミクスが罪だといいたいわけではない。しかし多くの国民が自分が犠牲になっていることにあまり気づかずにアベノミクスを受け入れているのは非常に情けのないことである。

アベノミクスは、一般の国民からお金を巻き上げ、政府、大企業、金持ちが潤う政策である。消費税のことだけを言っているのではない。金融緩和、円安誘導、公共事業・・・ほぼすべての政策がそうなのだ。

一般の国民がアベノミクスに乗っかって儲けることは非常に難しい。 資産を持っていれば資産バブルに自ずと乗っかることができるが、ほとんどの人にとっては、せめて少しでも被害を防ぐことができるかどうかというところか。

具体的に何をすれば良いのか。

円安に誘導されているのだから、外貨を買えば良い。 とはいえ、最近流行のFXのような危険な金融商品に素人が手を出すと痛い目に遭う。 噂ではFXの勝率は10%程度だという。

そうなると、外貨預金、でもこれは銀行が抜く手数料が大きすぎて旨みがない。

おそらく、一番良いのは、FXを通常の使い方ではなくて、低レバレッジで貯金のように使うことであろう。

資産バブルに乗っかるために、株を購入するのも一つの手段ではある。 しかし、株は企業によって様々なリスクがあり、経営者でも内部の人間でもない一般の人がそのリスクを知ること、理解することは難しい。

そうなってくると、CFDなどで、日経平均を買うのが良いだろう。 円安になれば日経平均が上がる(ドル建ての日経平均が割安になるため、自然と上がる)ので、円安の被害を緩和することにもつながる。

その他、国際的に価値が認められている金や商品先物という手もあるが、FXや株ほど身近ではないので、初心者にはお勧めできない。

当サイトは、別に投資を進めるために執筆しているわけではないが、そういう日本円に頼らない投資をすることくらいしか、アベノミクスの被害を緩和する方法が見つからないのである。

一番良いのは、国民が早くアベノミクスのリスクに気づき、政治を変えていくことだ。

消費税の増税の代わりに軍備を縮小するとか、移民を受け入れて根本的な経済縮小にてこ入れするとか、答えはひとつではないだろう。

ひとつではないからこそ、様々な政治家がいて、選挙がある。 もっと、政治に関心を持ち、自分のために自分のための政治家を選ぶべきだ。

投資でアベノミクスの被害を和らげながら、政治や経済について勉強し、ひとりひとりの力で日本を変えていく。

これが日本が今のような豊かな国家でいられるために必要な唯一のことだと思う。

当サイトでは、アベノミクス、投資、日本のあるべき姿などについて、気が向いたときに執筆していく予定だ。

政治や経済の専門家ではないので、小さな間違いはあるかもしれないが、大きな間違いはないと確信している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>